webデザインスクールで、生きた知識と技術が身につきます

webデザインはグラフィックデザインとは、似ていますが全く別のものになります。
webデザイナーになるためには、デザインや技術的な専門的知識が必要となってきます。

最低限必要な条件としてHTMLやCSSの知識、グラフィックソフトが使用できることが挙げられます。
基本的な知識はe-ラーニングやネットから独学でも身につけることはできると思いますが、webデザインスクールに通うことによって独学だけでは、得ることがむずかしい知識を取り入れられることができます。
webデザインスクールでは、HTMLやCSS、グラフィックデザインソフトのAdobeIllustrator、画像編集ソフトのAdobephotoshop、ホームページ制作ソフトDreamweaverを使用してホームページを実践的に制作して学んでいきます。

これらの使用ソフトは、プロも実際に現場で使用しているもので、一般的には扱いがむずかしいためwebデザインスクールで学ぶのがおすすめです。スクールによっては、マンツーマンで教えてくれるところもあるので、自分にあったスクールを選ぶことが大切です。

webスクールに通うメリットとして、ホームページを制作する技術的なことだけではなく、プロの目からみたデザインに関しての批評が聞けることが挙げられます。また、webデザインスクールの講師は、実際にWEB制作現場にいた先生や、現役で制作に関わっている方も多く、講師から移り変わりの早い、web制作現場のようすを聞くことができます。これら現場の情報は、webデザイナーとして働き始めた時にも、役に立ついきた情報となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です